患者さんへのご案内

疾患別診療のご案内

脳動脈瘤とは?

脳内の動脈にできた異常な膨らみ(こぶ)が脳動脈瘤です。我が国では毎年人口1万人あたり1.5~2人に脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血が生じていると推定されています。脳動脈瘤は破裂によって明らかになる場合が多く、破裂すると血液が脳周辺のくも膜下腔に流れ込み、くも膜下出血を引き起こします。くも膜下出血は、出血性脳梗塞や脳機能障害を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

そのため、破裂した脳動脈瘤(くも膜下出血)に対する最も重要な治療は再出血を防ぐ治療です。未破裂で見つかった動脈瘤にも、破裂予防のための治療を実施します。

脳動脈瘤の治療方法

脳動脈瘤の治療では、開頭手術(クリッピング術)または低侵襲の血管内治療(コイル塞栓術)が用いられています。しかし ながら、診断された動脈瘤がすべて治療されるわけではありませんし、両者の治療方法ですべてを治療できるわけではありません。患者さんはどちらの治療法が 適しているのかを決めるために、専門医に相談する必要があります。

脳動脈瘤の発生率

  • 脳動脈瘤を持つ患者さんのうち、年間でおよそ 0.2~3.0% の方が出血する可能性があるといわれています。
  • 米国では、動脈瘤の破裂によるくも膜下出血の発生件数は年間 3万人を超えています。米国ではこのうち 10~15% が病院に到着するまでに死亡し、50% 以上が破裂後 30日以内で死亡しています。さらに、生存者の約半数にも、何らかの永続的な神経脱落症状が認められると報告されています。
  • 脳動脈瘤はすべての年齢層に発症が見られますが、最も多いのが 35歳から 60歳の層です。
  • 割合でいうと女性 3 に対して男性 2 とより女性に脳動脈瘤ができやすい傾向にあります。

新着情報

回復期リハビリテーション病棟

充実したリハビリテーションで心を込めてサポートいたします
回復期リハビリテーション病棟イメージ

「高齢者複合施設 栄光泉佐野」のご紹介

高齢者が安心して居住できる「サービス付高齢者向け住宅」
「高齢者複合施設 栄光泉佐野」完成予想図

「高齢者複合施設 栄光泉佐野」についての詳細を確認する

医師紹介

当院の専門職人員とドクター紹介です。
イメージ

求人募集

私たちの理念に基づき、質の高い医療提供を目指す人材を求めています。
イメージ

当院で取得している認定

日本医療機能評価機構認定病院 認定標章当院は、財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価を取得しています。

周辺医療機関のみなさまへ

地域連携室受付 072-464-2111
担当:能勢・久米・中村・日根野谷

平日…8:30~17:30 土曜…8:30~12:30

PageTop