患者さんへのご案内

疾患別診療のご案内

脳内出血とは

脳内出血とは血管が切れ脳内に出血する病気です。原因は高血圧による高血圧性脳内出血が最も多く、全体の約6割を占めます。これは脳内の1mmに満たない 細い動脈が動脈硬化を来たし、破綻することにより起こります。その他、高齢者では脳の血管にアミロイドという物質が沈着することにより起こる脳内出血や、 若年者では異常血管から出血を起こす脳動静脈奇形などがあります。

症状

血腫による直接の脳の障害や、血腫によって脳が圧迫されることにより症状が起こります。頭痛、嘔吐、意識障害、半身の麻痺、感覚障害、痺れなどの神経症状 が出現します。約半数に意識障害、頭痛と嘔吐が30%、16%が死亡。冬にに多く、夏に著しく少ない(くも膜下出血と同様、脳梗塞は季節変動は少ない)。 活動時間帯に多い(特に午前7時と午後5時)

治療法

治療法は、出血量の少ない場合には、血圧を下げ血液が自然に吸収されるのを待ちます。出血量が20~30mL以上の場合には、手術を行い血腫を取ります。 手術法には、頭の骨を外して顕微鏡を見ながら血液を取る開頭血腫除去術と、頭の骨に小さな穴を開けCTを撮りながら細い管から血液を吸い出す定位的脳内出 血除去術があります。最近では、内視鏡を見ながら血液を取る内視鏡下血腫除去術も普及しつつあります。どの手術も一長一短があり、患者様の状態に応じて行 われます。手術の有無に関わらず、早期からリハビリを開始することが、機能予後の改善につながります。

予防法

脳出血の多くは高血圧によるものですから、血圧をきちんと管理することが脳内出血の予防につながります。また、一度脳内出血を起こした人でも血圧を適正に 保つことにより、再発を防ぐことができます。血圧が高い人は、食事の塩分を控える、運動をして体重を落とすなどが必要です。それでも血圧が下がらない人 は、血圧を下げる薬を飲むことになります。
そして、血圧を130/85mmHg以下に保つように心がけましょう。

新着情報

回復期リハビリテーション病棟

充実したリハビリテーションで心を込めてサポートいたします
回復期リハビリテーション病棟イメージ

「高齢者複合施設 栄光泉佐野」のご紹介

高齢者が安心して居住できる「サービス付高齢者向け住宅」
「高齢者複合施設 栄光泉佐野」完成予想図

「高齢者複合施設 栄光泉佐野」についての詳細を確認する

医師紹介

当院の専門職人員とドクター紹介です。
イメージ

求人募集

私たちの理念に基づき、質の高い医療提供を目指す人材を求めています。
イメージ

当院で取得している認定

日本医療機能評価機構認定病院 認定標章当院は、財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価を取得しています。

周辺医療機関のみなさまへ

地域連携室受付 072-464-2111
担当:能勢・久米・中村・日根野谷

平日…8:30~17:30 土曜…8:30~12:30

PageTop